詳しい説明をする男性
酵素は人間が生きていくために必ず必要な成分で、食物から摂り入れる外部酵素と、体内で働いている潜在酵素の2種類に分類されます。

そしてこの潜在酵素には、脂肪を分解するリパーゼや糖分を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するトリプシンなど、消化と吸収に関わるものが多数あります。

さらに体内の代謝に関わっているものがあり、糖代謝やタンパク質代謝、脂質代謝などを行う際に必要となります。

この成分が不足すると身体の新陳代謝が大きく低下してしまい、同じ量を食べても太りやすい体質になってしまいます。

さらに肌のくすみや小じわ、シミなどの肌トラブルが生じるだけでなく、身体全体の老化現象が進み、免疫力も低下します。

そしてこの酵素は、ストレスや不規則な生活によっても減っていきます。

ダイエットだけでなくアンチエイジングにも必要な成分ですが、特に40歳を過ぎると、急激に減少します。

さらに不足した状態が長期にわたって続くと疲れやすくなり、個人差はありますが、全身の倦怠感や頭痛、肩こりや腰痛などが生じます。

しかし体内に十分な量の代謝酵素があれば、各組織や細胞が活性化して体調の不調が改善され、さらに免疫力が向上するので、様々な病気にかかりにくくなります。

食物酵素を取り入れよう

食事から食物酵素を積極的に摂取することで、不足しがちな代謝酵素を補うことができます。

特に普段から添加物の多い食事をしていると、体内の消化酵素が大量に消費され、代謝酵素として必要な潜在酵素まで使ってしまいます。

そのため、なるべく有害な添加物は避けるべきです。

特にジャンクフードやインスタント食品には、多くの添加物が配合されています。

また肉中心のメニューや、天ぷらなどの揚げ物類も消化酵素をかなり消費します。

しかし普段の食事の中で、生野菜や果物を多く食べるようにすれば、食物酵素を体内に補うことができます。

味噌や漬け物、キムチ、そしてヨーグルト製品にも酵素は豊富に含まれています。

その他、酵素のサプリメントを利用すれば、効率的に必要量を摂取できます。

またゆっくり食事をすることも大切です。

よく噛むことで消化されやすくなり、消化器官への負担が減ります。

さらに食べ物を一時的に食べないファスティングをすると、消化酵素の節約ができます。

ファスティングとは断食のことですが、食べ物が身体に入らないと代謝酵素だけが働くようになります。

ただしやりすぎると体調を崩しますので、注意が必要です。

3か月か4か月に1回行う程度で、十分な効果が得られます。