野菜に含まれる酵素
酵素の種類は、目的や機能に応じて細分化されています。

各種の食べ物から摂取できるものについては、食物酵素という総称で呼ばれています。

食べ物は外部から取り入れるわけですが、最初から体内に存在している種類もあります。

体内では消化酵素と代謝酵素の2種類に分かれており、人間の生命力を支える役割を担っています。

どちらも不足させてしまうと健康に影響が出ることがあるため、食事の工夫もして不足分を補う必要があります。

発酵食品の甘酒は、米のデンプンを麹菌が産生するアミラーゼで糖化して、自然の甘味を作り出すことが知られています。

アミラーゼは人間の唾液にも含まれることから、消化を助けるためには食べ物をよく噛んで食べることが大切です。

世界には口噛み酒という醸造酒があるのも、唾液に含まれる糖化酵素の存在を経験的に知っていたためです。

アミラーゼは唾液に含まれていましたが、胃液にはプロテアーゼが含まれ、タンパク質をアミノ酸に変わる働きをしています。

リパーゼは膵液に含まれ、脂質を分解して脂肪酸に変える働きをしています。

代謝酵素の役割も重要で、新陳代謝や免疫力を高める働きをしますが、生活習慣が不規則になると減退することがあります。

食物酵素を積極的に摂ろう

食物酵素は食べ物から摂取することができるため、努力次第で不足を解消することができます。

出来る限り生の食材を利用して、酵素を失活させないようにすると効果的です。

加熱する場合でも、調理時間を最小限に抑えることは大切です。

肉類を食べるときには、消化酵素を大量に含むキャベツをはじめとして、大根などの根菜も食べるようにしましょう。

米麹の甘酒を砂糖の代用として使うだけでも、なかなか増えない摂取量を増やせます。

主菜として魚や肉を選んだときには、副菜には野菜を必ず添えることも大切です。

食後のデザートには果物を選び、リンゴやキウイを添えるだけでも食物酵素の量が大幅に増えます。

ヨーグルトの中には、パイナップルや桃を加えるなどの工夫も行ってみてください。

夏には桃やスイカ、秋には柿やブドウを選ぶようにして、なるべく旬の果物を食卓に並べるようにすると、季節を通じて摂取できるようになります。

生の野菜を大量に食べることが難しい場合には、酒粕や味噌の中で漬け込んでみてください。

こうすることで、生きた食物酵素を大量に摂取できます。

糠床を作っておけば、いつでも野菜を漬け込んで利用できます。

農閑期には大根を沢庵(たくあん)漬けにしておくと、冬の時期も含めて摂取量を増やせます。